企業の資金繰りが見えてくる支払情報(Payment)

企業の資金繰りが見えてくる支払情報(Payment)



DBTとIndustry DBT

クレディセイフのレポートに記載されている支払情報にはDBTとIndustry DBTがある。DBTはDays Beyond Termsの略で、遅延日数を示す。

Industry DBTは、業界の平均的な遅延日数を表しており、業界内において、当該企業がどの程度遅延しているのか、比較することができる。

また、Payment Trendを見ることにより、遅延日数が改善しているのか、悪化しているのか傾向を見ることができる。

また、下記の情報が件数や金額で表示されるので、仕入先に対する支払いの概要をつかむことができる。

  • Average Invoice Value(請求書の平均金額)
  • Invoices Available(請求書の件数)
  • Outstanding(未払い)
  • Paid(支払済み)

OutstandingとPaidの内訳はグラフで記載されており、視覚的に支払状況が良いのか、悪いのか、直感的に判断することができる。

表記

意味

Within Terms

期限内

濃緑

0-30 Days

30日以内の遅延

31-60 Days

60日以内の遅延

黄色

61-90 Days

90日以内の遅延

91+ Days

91日以上の遅延

詳細を知りたければ、レポートの最後に出てくる表を見ることで、具体的な件数もわかる。

支払情報は基本的に数字や金額が中心で、具体的な仕入先の業種や請求書別の遅延状況まではわからないようになっている。

詳細を記載しないのは、支払情報を提供する企業がCSに情報を提供しやすくするためである。

CSでは約7,000社の企業が支払情報を提供しており、年間約2億5千万件もの支払情報が集まっている。

支払情報は海外の与信管理では、重視される項目であり、企業によっては決算書よりも重視しているところさえある。

支払情報が決算書より優れている点は下記の2点である。

(1) 情報が新しい

(2) 粉飾ができない

 

(1) 情報が新しい

決算書が調査レポートに更新されるのには、時間がかかる。例えば、12月末決算の会社だとレポートに反映されるのは早くても3か月後、国によっては6か月以上かかることもある。

しかし、支払情報は毎日更新しているので、調査対象企業の現在の資金繰りを知ることができる。

(2)粉飾ができない

上場企業の決算書さえも、粉飾が大きな社会問題になることがある。監査もしていない未上場企業の決算書の信憑性にはどうしても疑問が付きまとう。

一方、支払情報は調査対象企業ではなく、その仕入先から情報を入手するため、改ざんのしようがない。

企業の真実の資金繰りを知ることができる。


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

サービス

クレディセイフ企業情報の与信管理ツールについて


test

test

test

test
test