遅延債権と回収率の相関~90日遅延すると回収率は○割になる~

遅延債権と回収率の相関~90日遅延すると回収率は○割になる~



遅延期間が1年を経過すると、回収率は2割弱まで落ちてくる

遅延債権と回収率は反比例している。時間の経過とともに回収率は悪化する。米国の債権回収代行会社の業界団体のデータによれば、90日遅延した時点での平均的な回収率は8割もない。

ここでいう回収率とは、件数に対するものではなく金額に対するものである。つまり、1万ドルの債権があれば、8千ドルは回収できるということになる。

ところが、遅延期間が1年を経過すると、この比率は2割弱まで落ちてくる。同じ債権でも、2千ドル弱しか回収できなくなる。

早い時期に回収を行う必要性がお分かりいただけるはずだ。実際、欧米の企業では、90日を一つの目安として売掛管理を行う企業が多い。

90日を経過した遅延債権は基本的に、自社での任意回収をやめて、債権回収代行会社などに回収を委託するのだ。

経験則からそのほうが、回収率が高いことを知っているからであり、自社の与信管理規定にそのように定めているからだ。

海外で遅延債権の回収を行う場合には、90日の考え方を日本企業も参考にするとよい。


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

サービス

クレディセイフ企業情報の与信管理ツールについて


test

test

test

test
test