信用調査会社を活用して与信管理を万全に!

信用調査会社を活用して与信管理を万全に!



第三者視点の重要性

営業担当者の視点のみでは、感情的な要素もあり、客観的な判断ができないこともあります。例えば、同じ担当者同士で長い期間取引を継続していれば、情が湧くのは致し方ありません。

そのため、定期的に第三者の視点を取り入れ、営業担当者の報告と比較をすることで、客観的な判断を行うことができます。
最も手軽に第三者の視点を取り入れることができる手法が、信用調査会社を利用することです。信用調査会社からは、ストックしたデータを取得や、新たに調査を依頼して最新のレポートを取得することができます。
信用調査会社のレポートには、客観・主観両面で活用できる情報が網羅されています。加えて、信用調査会社が独自に算出した信用状態を判断するための、分かりやすい指標(クレディセイフ企業情報ではスコアおよび与信限度額)を示しています。
コンスタントに信用調査レポートを取得することで、確認するべきポイントが明確になり、営業担当者のモニタリングの精度向上にもつながります。

 

【当社レポートのイメージ】

 

クレディセイフ企業情報が提供しているレポートには、倒産確率を踏まえたスコアを表示しており、一目でその会社が与信をしてよいかどうかがわかる画期的なレポートです。


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

モニタリング

スコア変更などの変動情報をリアルタイムで通知します。

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

test

test

test

test
test