海外取引で覚えておきたい収益性の分析

海外取引で覚えておきたい収益性の分析



Profitability Ratio(収益性の分析)

海外でよく使われる主なProfitability Ratio(収益性の分析)には、下記の指標がある。

  • Return on Sales(売上高純利益率)
  • Return on Sales(売上高純利益率)
  • Return on Equity、ROE(自己資本利益率)

 

Return on Sales(売上高純利益率)

欧米の企業の収益性を判断する最も一般的な指標。ここで言うReturnとは投資家にとっての配当の原資を意味し、Net Profit after Taxes(税引後純利益)ということになる。5%以上が一つの目安になる。

<計算式>
Net Profit / Sales = Return on Sales (%)

Return on Assets、ROA(総資産利益率)

企業が保有する資産をどれだけ有効に活用して利益を上げたかを見る指標。この比率が高いほど企業の健全性は高く、収益力もある。欧米では10%以上が高収益の目安とされる。

<計算式>
Net Profit / Assets = Return on Assets (%)

Return on Equity、ROE(自己資本利益率)

株主や投資家が出資した資本をどれだけ有効に活用して利益を上げたかを見る指標。特に、株式市場で重視される指標。
この比率が高いほど企業の健全性は高く、収益力もある。欧米では20%以上が優良企業の
目安とされる。

<計算式>
Net Profit / Net Worth = Return on Equity (%)


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

サービス

クレディセイフ企業情報の与信管理ツールについて

test

test

test

test
test