与信取引申請書に記入ミスがあると海外取引ができない?

与信取引申請書に記入ミスがあると海外取引ができない?



英語で表現するとCredit Application

与信取引申請書は英語で、Credit Applicationという。日本では、金融機関などは顧客に記入させてこれを提出させる。つまり、融資申込書も兼ねていることが多い。
それに対して、事業会社では、顧客が直接記入するよりは、営業担当者が代わりに記入する形式を取り、社内的な稟議書であることが多い。
欧米では事業会社であっても、顧客に記入させることが多い。また、記入漏れなどがあれば、審査しないなど、与信取引申請書の取り扱いが厳密である。
商習慣の違いといってしまえば、それまでだが、与信に関する日本と欧米の意識の違いがあると私は考えている。
Credit Application とは、Customer applies credit.(顧客が信用取引を申請する)という発想からきている。申請されたCreditは、審査されてApprove(承認)またはRefuse(否認)される。
つまり、事業会社が行う信用取引は、間接融資の一種であるという意識が強いのだ。後払いを認めることにより、顧客は運転資金の工面が不要になる。銀行からの借り入れが減り、利息の負担も減少する。
だからこそ、事業会社であっても信用を与えるとは、お金を間接的に貸していることと同じだと考えるわけである。
このあたりの意識は、商習慣を超えて日本企業も見習いたいところである。


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

サービス

クレディセイフ企業情報の与信管理ツールについて

test

test

test

test
test