海外取引における国際物流の流れとは~航空輸送~

海外取引における国際物流の流れとは~航空輸送~



船に比べ飛行機の場合はスピードは速いがコストも高い

前回は、海上輸送での輸出について取り上げた。
今回は、航空輸送での輸出について見ていこう。

①貨物の集荷と積み下ろし

荷主の依頼に基づき、フォワーダーが貨物の集荷をして、自社の倉庫に積み下ろしをする。

②検量及びラベリング

貨物の検量、検尺を行い、Air Way Bill(航空貨物運送状)を貼付する。

③輸出申告及び輸出許可

輸出申告については、フォワーダーが代行してくれる。問題がなければ、輸出許可が下りる。税関検査となると余計に日数がかかる。

④ULD組み付け及び航空会社へ搬入

航空機に載せるため、貨物は、ULD(Unit Loading Device)に組み付けられる。その後、貨物は航空会社へ搬入される。

⑤フライト

事前にスペースを確保した航空機に載せられて輸送されます。
海上輸送との違いは、何といってもスピードである。海上輸送の場合、コンテナでも5日程度、混載貨物だと6日程度かかる。
航空輸送の場合、集荷からフライトまで2~3日で終わってしまう。もちろん、その分、コストは高くなる。

 

※出典: ナレッジマネジメントジャパン株式会社 ウェブサイト(牧野和彦著)


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

無料レポート

海外のお取引先がどのような評価をされているのか、実際のレポートをお試しで進呈いたします

test

test

test

test
test