海外取引における国際物流の流れとは~輸入フロー~

海外取引における国際物流の流れとは~輸入フロー~



輸入申告及び許可など、独特のプロセスが存在する

過去2回にわたり、海上及び航空手段による輸出の流れについて見てきた。今回は、輸入の流れについて見ていこう。
【海上輸送】
本船到着後、コンテナが下される。本船の到着は、事前にフォワーダーなどからArrival Noticeがある。

コンテナの移動とデバンニング

コンテナは、CY(コンテナヤード)からCFS(保税倉庫)へ移動される。その後、各荷主の貨物ごとに仕分けされる。

輸入申告及び許可

輸入申告については、フォワーダーが代行してくれる。問題がなければ、輸入許可が下りる。税関検査となると余計に日数がかかる。

配達

トラックに積み込まれ、貨物は届け先に配送される。
上記は混載貨物の場合の流れである。コンテナ扱い貨物の場合、CFSにてデバンニングのプロセスがなく、その分、必要日数も1日程度短縮される。


【航空輸送】
到着

航空機到着後、貨物は空港の保税地域に搬入される。

積み下ろし

貨物はULDから積みおろされ、個数や梱包状態などの確認をされる。

輸入申告及び許可

輸入申告については、フォワーダーが代行してくれる。問題がなければ、輸入許可が下りる。税関検査となると余計に時間がかかる。

積み込み、配達

輸入許可が降りると、貨物は保税地域からトラックドックへ移動され、トラックに積み込まれて、届け先に配送される。

 

※出典: ナレッジマネジメントジャパン株式会社 ウェブサイト(牧野和彦著)


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

モニタリング

スコア変更などの変動情報をリアルタイムで通知します。

クレディセイフストーリー

クレディセイフ企業情報は、現在世界で最も利用されている企業情報会社です

test

test

test

test
test