海外取引における国際物流の流れとは~海上輸送~

海外取引における国際物流の流れとは~海上輸送~



コストや利便性の関係から混載貨物が一般的

海上輸送には「コンテナ扱い貨物」と「混載貨物」がある。
費用や利便性から利用頻度が高いのは、後者である。

①CFS(Container Freight Station)への搬入

輸出者が自分でトラックを手配して、CFS(保税倉庫)へ貨物を搬入する。ここで、貨物の検量、検尺が行われる。
いわゆる、フォワーダーを活用すると、貨物を工場まで引き取りに来てCFSまでの輸送も行ってくれる。

②搬入確認

書類を元に貨物の搬入確認が行われる。

③輸出申告及び輸出許可

輸出申告については、フォワーダーが代行してくれる。問題がなければ、輸出許可が下りる。税関検査となると余計に日数がかかる。

④バンニング及びコンテナの移動

貨物をコンテナに積むことをバンニングという。コンテナに積まれた後、コンテナはCY(Container Yard)に移動される。

⑤本船出港

コンテナが本船に積まれて出港する。
コンテナ扱い貨物の場合、バンニングのプロセスがなく、その分、必要日数も1日程度短縮される。
ただし、コンテナ一本分の貨物があることが大前提となる。
※出典: ナレッジマネジメントジャパン株式会社 ウェブサイト(牧野和彦著)


海外取引に必読「海外与信管理入門」を掲載中!フォーム経由で本も進呈

世界の企業情報を網羅

世界のどこでビジネス展開されていても、クレディセイフ企業情報のデータベースにはお求めの情報があります。

無料レポート

海外のお取引先がどのような評価をされているのか、実際のレポートをお試しで進呈いたします

モニタリング

スコア変更などの変動情報をリアルタイムで通知します。

test

test

test

test
test