株式会社クレディセイフ企業情報

顧客取引条件

1. 合意

1.1.本取引条件(以下、「取引条件」といいます。)は、お客様と、福岡県福岡市博多区上呉服町1-8に住所を有する株式会社クレディセイフ企業情報(以下、「当社」といいます。)との間で締結される契約(以下、「本契約」といいます。)の一部となるものです。お客様が購入されるクレディセイフ・サービス(以下、「本サービス」といいます。)は、注文確認書で詳述される製品から成っており、以下を含みます:

1.1.1.当社企業調査レポート(インターネット経由で、第三者の信用に関する情報とその評価を提供します)

1.1.2. インターネットを通じたマーケッティング及び業績予測データの提供

1.2. 本契約は、注文確認書と取引条件からなり、本サービスに関するお客様と当社との間の完全な合意を構成します。お客様が本契約に規定されない当社による、または、当社を代表するいかなる声明、約束、表明または保証にも依存していないことをお客様は認めます。

1.3. 注文確認書に署名することにより、または、本サービスにアクセスするか利用することにより、お客様は本契約の内容を受諾します。取引条件に特に明記しない限り、注文確認書の条項が取引条件と矛盾する場合は、取引条件が優先します。

本サービスの利用可能性とメンテナンス

1.4. 当社は、修理、メンテナンスまたは改善のような操作上の理由により、または、非常事態のため、本サービスを停止にするかもしれないことを お客様は受諾し、承認し、同意します。当社 は、そのような停止の後、合理的に実行可能な限り速やかに本サービスを回復させます。

本サービスの開発とアップデート

1.5. 当社が、随時、その完全な裁量で、本サービスまたは本サービスのいずれかの要素に対して、アップデート、変更、修正及び改造(以下、「変更」といいます。)を行うおよび/または適用するかもしれないことに、本契約を結ぶことにより、お客様は同意します。事前にお客様にこれらの変更をお知らせするために、当社は合理的な処置をとります。

1.6. 当社により行われる特定の変更が、本サービス(クレジット・スコアを含むが、これに限定されるものではありません)により発生するおよび/またはそれから得られる情報に、影響を及ぼすかもしれないことを、お客様は認めます。当社は、本サービスに対する何らかの変更、または何らかの変更に起因する本サービスにより発生するおよび/またはそれから得られる情報への影響に関し、理由のいかんを問わず、お客様に対し、何らの責任も負いません。

2. 契約期間

2.1. 本契約は注文確認書の上に挿入される日付から有効で、注文確認書に特に明記ない限り、12ヵ月間継続します。

2.2. お客様は、本契約期間中、新開発と新製品に関し、連絡されることがあるかもしれません。

2.3. 本契約書は、お客様に対し、本契約で詳述される目的のために本契約の期間中においてのみ、本サービスにアクセスして、本サービスを保持する権利を与えます。本契約終了時に、本サービスとその後の権利の所有権は、当社に戻ります。

3. 請求と支払い

3.1.当社の本サービス提供の対価として、お客様は、注文確認書およびまたは注文確認書とともに発行される請求書(以下、「請求書」といいます。)で指定される金額を、注文確認書で指定される期日に支払うことに同意します。誤解を避けるため、注文確認書または請求書に特に明記しない限り、あるいは当事者が支払いが口座引き落としによりなされることに同意しない限り、全ての支払いは、請求日の30日以内にされなければなりません。

3.2. お客様が注文確認書で指定した金額を、合意した日時に支払うことを怠った場合、全額が直ちに期限到来となります。

3.3.本サービスが第7.1条に従い停止された場合、当社は以下の義務を負いません:

3.3.1. 本サービスの回復 および/または

3.3.2. 支払不履行から支払受領までの停止期間に関する、お客様への補償。

3.4. お客様が、本契約に従い支払義務を負う当社への未払を怠った場合、お客様は、判決の前後かを問わず、支払期限から支払いがなされるまで、支払いの予定日から支払いがなされるまで、年利6%の利息を当社に支払う責任を負います。

3.5. お客様は、支払請求に要したすべての第三者の経費(弁護士費用を含みますが、これに限定されません。)を当社に補償することに同意します。

3.6. 第 3.1 条の一般的性格に影響を与えることなく、お客様と当社が、お客様が口座引き落としにより注文確認書で指定されている金額を支払うことに同意した場合は:

3.6.1. 当社は、口座引き落とし委任(誤解を避けるため、それには、お客様が銀行の詳細と口座引き落とし支払の授権を提供することを含みます。)を完了するために、電話でお客様に連絡する合理的な努力を行います。

3.6.2. お客様と当社が請求書の日付(以下、「請求書日」といいます。)の2営業日以内に口座引き落とし支払い委任を完了することができない場合、注文確認書が明記する金額の全額の支払いは、請求書日の30日以内が支払期限になります。お客様が上記30日以内に未払金額を支払うことを怠った場合には、全額が即時に支払期限となり、本契約の第3.3条から第3.5条が、完全な効力を持って適用されます。

3.6.3. 当社が口座引き落としによる支払いを受けようと試みたが、いかなる理由であっても支払いが来出来なかった場合には、注文確認書が明記する金額の全額が即時に支払期限となり、本契約の第3.3条から第3.5条が適用されます。それが口座引き落とし試みの失敗の結果として当社にかかったいかなる銀行手数料もお客様に責任があることを、お客様は認めます。

3.6.4. 誤解を避けるため、第3.6条の規定は、口座引き落としで支払っているお客様にのみ適用されます。

4. 当社の所有権

第4条では、「知的財産権」という言葉は、特許、発明に対する権利、著作権と著作隣接権、商標、商号、ドメイン名、外観に関する権利、営業権及び詐称通用訴権、デザインに関する権利、データベース権利、(ノウハウを含む)秘密情報の使用権利及びその秘密保護権利およびその他の全ての知的財産権を意味し、いずれの場合も、登録・未登録を問わず、世界のどこかで、現在または将来存在する当該権利、その類似または同等の権利または保護形態についての、すべての申請中のもの並びに申請する権利および付与される権利、更新または拡張、および優先権を主張する権利を含みます。

4.1. 本サービスは、知的所有権により保護されています。本サービスに含まれるか、本サービスから発生するかまたは本サービスに関連するすべての知的財産権は、当社または、適切な場合、その第三者下請業者または第三者プロバイダーにより所有されます。

4.2. ここに明示的に定められる場合を除いて、本契約書と本サービスへのアクセスは、お客様に当社のまたはいかなる第三者の知的財産権に対するいかなる権利も与えません。

4.3. お客様は、当社の書面による許諾なしで、本サービスのいかなる要素に対しても、改造、修正、リバース・エンジニアリング、逆コンパイルその他の障害を与えることを許されず、いかなる第三者にも許諾できません。

5. お客様の義務と行動

5.1. お客様は以下の行為を行うものとします;

5.1.1. 当社が本契約下でその義務を果たすために、お客様が提供することを当事者が同意した、いかなる情報または援助も当社に提供すること、および当社に提供される当該情報が完全で、正確で、同意されたフォーマットであることを確実とするすべての合理的な努力をおこなうこと。

5.1.2. 当社の評判を害するいかなることもしないこと。

5.1.3. 適用されるすべての日本法に完全に適合していることを含む、本サービスのその利用に適用されるすべての法規を順守すること。

5.1.4. お客様は、本サービスの全部または一部を逆コンパイルするか、分解するか、リバース・エンジニアリングするか、その他人間の知覚できる形式にしようとしてはなりません。お客様は本サービスと競争する製品やサービスを製造するために、本サービスの全部または一部にアクセスしてはいけませんし、お客様は役務を第三者に提供するために本サービスを使ってはいけません。当社 のウェブサイトまたは本サービスからデータを抽出するいかなる自動化されたシステムまたはソフトウェアの使用も明確に禁止されます。

5.2. お客様が利用可能な本サービスは、譲渡不可能なライセンスで、日本国内でお客様の自身の内部の使用のためにのみ、提供されるものです。お客様は、本サービスのいずれも、売却したり、譲渡したり、サブサブライセンスしたり、配布したり、商業的に利用したり、第三者に利用させたり、第三者の利益目的で使用したりできません。お客様は、お客様が販売するいかなる製品やサービスにも本サービスを含めることができません。

5.3. 本契約期間中、お客様は、授権されていない本サービスへのアクセスや本サービスの修正を試みないことに同意します。

5.4.お客様は、本契約に従って本サービスを使用するために合理的に必要とされる本サービスのコピーのみ行います。

5.5. お客様はそのパスワードとアカウントの詳細の守秘性を維持に責任を持つことに同意します。さらに、お客様は、ユーザー名やパスワードが権限のないものの所有および知識となる結果となるかその可能性があるセキュリティの失敗または本契約違反が生じた場合、直ちに当社に通知することに同意します。

5.6 お客様の注文確認書の中で詳述されない限り、本契約の条項の下で提供される本サービスの利用は、一人の指定されたユーザーに限られています。二人以上の個人による本サービスの使用は、同時であるか否かを問わず、追加的なライセンスを必要とします。

6. 保証と責任制限

6.1. 本サービスは、いかなる意思決定においても唯一の根拠としても使われることを目的としておらず、第三者により提供されたデータに基づいており、その正確性は当社が保証することができません。当社は、常に品質及び十分に操作可能なサービスを維持することを目指していますが、それにもかかわらず、本サービスと第三者の役務は、「現時点で有している情報のまま」、「利用可能なもののみ提供する」というベースで、明示であるか黙示であるかを問わず、いかなる種類の保証もないまま提供されます。

6.2. 特に、当社は、本サービスの内容について、お客様に保証いたしません。当社は、本サービスの正確性と質を維持する努力をしますが、含まれている情報は、不正確か古い可能性があります。したがって、本サービスのいかなる利用も、お客様の自身のリスクで行ってください。

6.3. 当社は:

6.3.1.本サービスのお客様の利用が切断されずに行われることおよび誤りがないことを保証しません;

6.3.2. インターネットを含む、通信ネットワークおよび施設上のデータ転送の結果生じる、いかなる遅滞、送信失敗、停電、または他のいかなる損失・損害に対しても責任を負いません。本サービスがそのような通信施設の利用に固有の限界、遅滞および他の問題に左右される可能性があることをお客様は認めます。当社は、そのような出来事の結果の、またはそれに関連するいかなる責任(いかなる理由であろうとも)も負いません。

6.4. 第6.6条に従い、当社は、契約上、不法行為上、法令上の義務違反、または、求償その他本サービスおよび第三者から提供されるサービスに関連するすべての責任を放棄し、いかなる間接的、または結果的な損失にも責任を負いません。当社は、いかなるタイプの予想されたまたは付帯的な損失(期待された収入の損失、不良債権の増加および不良債権削減の失敗を含むが、これらに限りません。)に加えて、いかなるタイプの財政的な損失(利益の損失、所得の損失、ビジネスまたは信用の損失を含むが、これらに限りません。)に対しても、責任を負いません。

6.5. 何らかの事項が当社に対する有効な請求を引き起こした場合、その責任は、請求が起きた年に本契約下で提供される本サービスの対価の金額と等しい金額に限定されます。

6.6. 本契約各当事者は、本契約下の義務を履行するためにおよび本契約下で相手方に権利を供与するために要求される、すべての必要なライセンス、同意、許可および契約を得ており、それを保持することに同意します。

7. 停止および解除

停止

7.1. お客様が本契約の条項に違反していると当社が判断した場合、お客様の債務超過または破産の場合、当社による本契約下の義務履行が、お客様の行為または不作為あるいはお客様による関連義務の不履行により妨害されたまたは遅延された場合(以下まとめて、「お客様のデフォルト」といいます。):

7.1.1.当社は、その他の権利または救済を制限することなく、お客様がお客様のデフォルトを是正するまで、直ちに、通知することなく、本サービスの履行を停止する権利を有し、お客様のデフォルトが当社の義務履行を妨害または遅延させた範囲で、お客様のデフォルトを理由として当社がその義務履行から解放される権利があります。

7.1.2. 当社は、お客様のデフォルトから直接または間接に生じた、お客様が被ったまたは負担した費用または損失に責任を負いません;

7.1.3. お客様は、お客様のデフォルトから直接または間接に生じた当社が被ったまたは負担した費用または損失を、書面での要求に基づき、当社に補償します。

解除

7.2. お客様が本契約の条項に違反していると当社が判断した場合、あるいは、お客様が債務超過または破産の場合、当社は即時に、お客様に通知書を送付することにより、本契約を解除することができます。

7.3. 第三者が提供するデータのいずれかが、本契約の期間中のいずれかの時点で、当社が利用できなく(以下、「利用不可能データ」といいます。)なった場合、当社は、以下の権利を有します:

7.3.1. 他の第三者供給者から類似したサービスを取得する。または、

7.3.2. 類似したサービスが代わりの第三者提供者から取得できない場合、利用不可能データに関する本契約の一部を解除する。そのような状況では、本契約の残余部分は完全に有効のままとします。

7.4. 本契約の満了または解除時に:

7.4.1. 本サービスにアクセスして利用する権利を含む、本契約書に基づき付与されたすべての権利とライセンスは、直ちに終了します。

7.4.2. お客様は、当社に対し、すべての当社へ未払いの請求を直ちに支払います。

7.4.3. 当社により提供されたが、それに対して請求書が交付されていない本サービス(請求書が送られないでおよび/または代金が払われていないお客様が実施した調査を含むがこれに限りません。)について、当社は、お客様が受領時に直ちに支払期限となるお客様への請求書を発行する権利を有します;

7.4.4. 満了または解除時現在の当事者の発生した権利、救済、義務および負債は影響を受けません。それらは、終了または解除日またはそれ以前に存在した本契約の違反に関する損害賠償を請求する権利を含みます;

7.4.5. お客様は、いかなるフォーマットででもお客様が保有する本サービスの全部または一部を削除する最善の努力をしなければならず、お客様は本サービスの更なる利用もできません。

8. 補償

お客様は、お客様の本サービスの利用からまたはこれに関連して生じるおよび/またはお客様の本契約違反から生じる、第三者によりなされたまたは当社(またはその親、子会社、系列会社、役員または従業員)が被った、すべてのあらゆる行動、判決、訴訟手続、責任、損失、費用、出費、損害賠償請求または要求(法廷経費と合理的な弁護料を含むがそれらに限定されません。)から、当社(およびその親、子会社、系列会社、役員と従業員)を補償し、防御し、損害を与えない状態に保ちます。

9. 譲渡

当社は、本契約の利益を譲渡することができます。

10. 不可抗力

10.1. ストライキ、ロックアウトまたは他の労働争議(当社または他の当事者の労働者を含むかどうかにかかわりません。)、公共体サービスまたは電気通信網の故障、インターネットの停止、通信停止、停電、火事、洪水、嵐、戦争、暴動、騒乱、法令の遵守、第三者提供者または下請業者の債務不履行、または不可抗力を含むがこれらに限らない、当社の合理的な制御を越えた予見できない偶発または状況が原因の遅延または不履行の場合、当社はお客様または他の第三者に対し、本契約下の義務の履行遅延または不履行のいかなる責任を負いもしません。

10.2. 不可抗力により、当社が本サービスの全部または一部を提供することが、90日以上できない場合、当社は、その他の権利または救済を制限することなく、本契約を終了する権利があります。

11. 守秘義務

11.1. 第11.2条により許される場合を除いて、相手方のビジネス、情勢、顧客、クライアントまたは供給元を含むいかなる秘密情報も、いかなる時でも誰に対しても開示しないことを、各当事者は保証します。

11.2. 各当事者は、次の場合、相手方の秘密情報を開示することができます:

11.2.1. 本契約下の当事者の義務を履行するために当該情報を知る必要がある従業員、役員、代表者またはアドバイザーに対する場合。各当事者は、相手方の秘密情報を開示する従業員、役員、代表者またはアドバイザーが本第11条に従うことを確実にしなければなりません。

11.2.2. 法法律、裁判所命令または政府当局または監督官庁が要求する場合。

11.3. 本契約下の義務履行以外のいかなる目的のためにも、いかなる当事者の相手方の秘密の情報を使いません。

12. 本サービス提供のタイムフレーム

12.1. 日本国外に拠点を置く会社の詳細を提供している当社企業調査レポートは、「利用可能なもののみを提供するベース」で提供されます。そして、レポートが利用できる国は、本契約の期間中、変化する可能性があります。

12.2. 日本国外の会社の詳細を提供している当社企業調査レポートは、当社のウェブサイトで詳述される特定の時間内で、提供されます。

13. 雑則

13.1. 本契約のいずれかの規定が無効または執行不能であると判断される場合、当該条項は除外され、残余条項は、実施可能なままとなります。

13.2. 当事者は、本契約によりいかなる第三者にもいかなる権利も与えなるつもりがない意図を確認します。

13.3. 本契約の条項、本サービスの提供およびお客様と当社の関係は、日本法に準拠し、解釈されます。お客様と当社は、東京地方裁判所の専属的管轄権に服することに取消不可能に同意します。

13.4. 当社が本契約のまたは法律による権利、救済、または条項の履行を遅延または不履行したとしても、当該権利、あるいは他の権利または救済の放棄を構成せず、当該権利あるいは他の権利または救済の更なる行使を妨害したり、制限しません。当該権利または救済を一度もまたは部分的にも使わなかったとしても、当該権利あるいは他の権利または救済の更なる行使を妨害したり、制限しません。

13.5. 本サービスは、利用可能であるかどうかによって左右されます。

13.6. 本契約のいずれの条項も、当事者間にパートナーシップまたは合弁事業を設立する意図はなく、そのようにみなされてはならず、いかなる目的においても一方当事者を他方の代理人にさせることもありません。いずれの当事者も、いかなる方法であれ、他方当事者の代理人として他方当事者を拘束する権限はありません。

13.7. 本契約に規定される場合を除いて、それが当社が署名した書面により同意されない限り、いかなる追加的な条件の導入を含む本契約書の変更も効力を有しません。